仕事を辞めたいと思ったら、まずやるべき4つのこと

仕事辞めたい

仕事を辞めたくなってきました。
どうしたらいいのかわからなくて悩んでいます。

レイコ先生
レイコ先生

仕事を辞めたいって思い始めると、思いがぐるぐるしますよね…
今日は仕事を辞めたい…と思い始めたら、まずやるべきことについてお答えしていきますね。

やるべき4つのことはこちら。

1.なぜ仕事を辞めたいのか理由を書き出す

なぜあなたは仕事を辞めたいと思ったのでしょうか?
色々な理由があると思います。まずその理由について箇条書きでも良いので書き出してみましょう。仕事を辞めたい時は、自分を見つめ直す良いきっかけです。

仕事を辞めたい理由

・人間関係がうまくいっていない
・評価制度(正当に評価されない)
・給料に不満がある
・仕事内容が合わない
・社風が合わない
・やる気が出ない
・キャリアアップできない環境にある

こんな感じでまずはネガティブな理由でも構わないので、自分に正直に書き出してみます。頭の中で考えているよりも文字に起こした方が整理しやすく、客観的に見ることができます。また、書くことで心を癒やすという効果もあるようです。このことについてはアメリカの著名な心理学者、ジェームズ・ペネベイカー教授の本にも書かれています。

こころのライティング―書いていやす回復ワークブック(Amazonで見る)
著者:ジェームズ・ペネベイカー

あなたの心のうちを書いて吐き出してみましょう。ストレス解消にもなるはずです。大事なのは、あなたが今どんな気持ちなのかをあなた自身が知り、理解することです。

自分の今の辞めたい理由と向き合ったら、次は転職市場に目を向けてみましょう。

2.転職サイトに登録して情報収集を行う

今の転職市場がどうなっているのかを知るために、転職サイトに登録をして情報収集を行います。
「転職サイト」と「転職エージェント」がありますが、まずは軽く求人情報を見てみるという感じでリクナビなどの「転職サイト」の方がおすすめです。

本当に仕事を辞めるのか、転職をするのかは置いておいて、まず今どんな仕事があるのか、世の中でどんなスキルが必要とされているのか、待遇はどのくらいか…などを転職サイトで情報収集するのです。

様々な会社の求人を見て視野を広げ、自分のやりたいことをイメージしながら見ましょう。「転職サイトに登録して求人情報を見る」という行動を起こすことで「少し気持ちが和らいだ、いつでも辞められると思えた」と仰る方もいます。

さらに求人情報に書いてある「求める人物像」や「必要なスキル」から、自分に足りないものを今の会社で実績を作ってから辞める、といった具体的な計画を立てることもできます。

3.今後どういう自分になりたいのかを考える

今の自分の気持ちと向き合い、転職市場も確認した、そしたら未来の自分についてイメージしましょう。

今後どういう自分になっていたいのか。なりたいのか。どんな仕事がしたいのか、どういうふうに生きていきたいのか。

キャリアを「勝ち負け」でみないで、「自分なり」のキャリアの目線で考えることがポイントです。

4.自分を責めない

最後に、仕事を辞めたいと思う自分を責めないでください。
「仕事を辞めたいと思う自分は甘えている」と考えて自分を責めてしまう方がいますが、それは違います。

あなたは十分に頑張っています。頑張っている自分のことを決して忘れないでいてくださいね。毎日会社に行っている自分を褒めてあげてください。

「仕事が辛い」「仕事を辞めたい」と思うことは、誰しも一度はあります。特別な感情ではないのです。

「ちょうど自分の人生を見つめ直す良い機会だ」と、視点を将来の自分へと向けてください。

まとめ

仕事を辞めたいと思い始めたら、まずはこの4つのことをやってみて自分と向き合ってみましょう。

仕事を辞めたいと思ったらまずやるべき4つのこと

1.なぜ仕事を辞めたいのか理由を書き出す
2.転職サイトに登録して情報収集を行う
3.今後どういう自分になりたいのかを考える
4.自分を責めない

自分と向き合った結果「やっぱり自分は仕事を辞めて次のステップに行きたい」とか、「もしかしたら今の職場でも改善できるかも」など、次の「自分の気持ち」と出会えるんじゃないかと思います。ぜひこの4つを試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました